yutanaka_box

何もない自分の中にある何かを見つけるブログ

タグ:セミナー

本日のお昼に新日本企業成長サミット2015in九州に参加させていただいたのですが、その中で基調講演をされていたFreakOut本田社長のお話が色々と面白かったので特徴的だった点を記録しておきます。

 

と、その前に、FreakOutさんが何をやっている会社か?ですが、こちらが分かりやすかったのでご覧くださいませ。

【初日ストップ高】東証マザーズに新規上場したフリークアウトのビジネスモデル・資金調達のまとめ。

誤解を恐れずに言ってしまえば、インターネット広告の出稿に関する仕組みをテクノロジーで改革し、人間ならではの創造性を究めていく会社さんかと思います。

個人的にはCOOの佐藤さんがキレキレという印象でした。

freakout_coo

 

では、始めます。

 

①経歴が自由奔放!


大学卒業後にCM音楽作家のフリーランスとして活動し、「思っていたほど華やかじゃない」という理由で辞めて実家の仕事を手伝うようになり(研究所向けのシステム開発)、「現場を知る必要がある」という理由と「黒人音楽が好き」という理由からデトロイトの生化学研究所で働き始め、しばらくすると副業で日本向けのSEOサービス&アフィリエイトを頑張り一儲けし、日本に帰ってから縁あって起業し、2年でヤフーに売却し、3年間の競合避止義務が明けるやいなや国産RTBの可能性を信じてFreakOutを起業し、4年で上場

と、所謂シリアルアントレプレナー(連続起業家)として、アドテク業界でM&AとIPOの両方を経験しているってだけでも凄いんですが、音楽→サイエンス→アドテクといった、他に類を見ない経歴の持ち主でした。ただ、いずれの仕事をするとしても「こうなるといいな、楽しいだろうな」というのを掲げて突き進むというのが持ち味なのかなと思います。

freakout_ceo

見た目や話してる雰囲気以上にバイタリティある方です!

 

②実際は気合いと反骨精神でした


RTBで起業すると決めた時について語っていた時の一言です。

当時、アメリカで既に成長してきていたRTBというビジネスモデルについて、国内では冷ややかな意見が多く語られていたとのこと。それらに対して、「間違いなく日本でも成長する」という信念が強かったとのことですが、それ以上に1回目の企業の時と比べてフーテンぬるくなっていた国内のアドテク業界に対する「だったら俺がやってやる」という気合いと反骨精神が全てだったとのことでした。

オフィスにバスケットコートライヴステージがあり、経営陣も経験豊富でスマートなFreakOutさんのイメージとは反対に、流れる血は熱く燃えていることを知って、何だか嬉しくなっちゃいました。

freakout_office

夜になると、ダムダム聞こえ出すとか。

 

③モバイルのバナー広告は滅ぶ


将来を予測する一つとして挙げられていました。

その理由としては、ただでさえ画面の小さいスマホにおいて、バナー広告の存在は悪でしかない。そんなところにナショナルスポンサーは絶対に出稿しないために市場が成長しない。また、実際にFacebookはバナー広告を採用していない。以上。

自社としてももちろんモバイルのバナー広告を取扱いされているだけになかなか衝撃的な提言でしたが、確かにそうだなと思います。あれ見てたらガラケーのサイトっぽいですもんね。また、ネイティブアドの標準化ツールなど、今後の技術発展についてもチラホラ語られていました。

banner

「→→クリック」って書いてあるとクリックしたくなくなります。。

 

④起業=ロック!


最後に、起業に関するコメントとして、世間に対し「NO!」と言い続けられるか?が大事、すなわちロックだ!と結論づけられていました。

rock

シェケナベイベーですね。

 

最近読んだ本でスープストック東京の遠山社長が書かれた「スープで、いきます」というのがあって、この方はタイルアートの個展を開かれていたり事業計画書を物語調に作られたりと芸術家タイプの起業家だな~と思って面白かったのですが、本田社長の場合はアーティストなんだけどサイエンティストでもあるという、なかなか稀有な存在だと思いました。

今後もチケットストリートとの提携やビッグデータの解析など、アドテクの将来をリードしていくであろうFreakOutさんから目が離せません!

本日、MMD研究所さまの開催するセミナー「成長を加速させるためのPR戦略セミナー」~ソートリーダーシップという究極の地位を獲得せよ~に参加してきまして、これがなんと台風の影響で参加者1名、講師(吉本社長)とマンツーマンで1時間お話しをさせて頂くという、5,000円くらい払っても大満足な非常に幸運な出来事がありましたので、ここに学んだことを記録しておきたいと思います。

 

タイトルが「PR戦略」ということで、対象はいわゆるマーケターと呼ばれる職種の方々です。そして僕は、マーケティングなんて勉強したこともない全くの素人でしたが、何となく今の仕事でヒントになることがある気がしたのでエントリーしてました。

ちなみに今の仕事というのは、facebookで色々とやってるのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、自治体の広報紙アプリ「i広報紙」の普及でして、目下ご参画頂ける自治体様を1つでも多く増やしていくことを最重要課題として働いております。

広報紙をもっと身近に i広報紙
ikouhoushi

宣伝失礼しました。

 

さて、ここで問題です。スターバックスとライフネット生命の共通点は何でしょうか?

ライフネット生命とスタバ

僕は「既存のサービスを仕組みを変えて提供していること」と無難に答えましたが、正解はこちら。

kazuko

マーケティング担当役員の中田華寿子さん。この方がポイントです。中田さんの考え方やライフネット生命のマーケティングについては、以下の記事がとても分かりやすいです。

ブランドをビジネスにどう生かすか? ライフネット生命 中田華寿子氏

「10万人に愛されるブランドを作る!」ライフネット生命保険のマーケティング手法図解

 

つまり、企業のPRとして行うべきことは「製品・サービスの機能についてカッコよく説明する」のではなく、顧客にとっての課題を理解した上でそれに対する企業としての「想いに共感してもらうこと」であるとのことです。→この辺はSONYとAPPLEの対比をイメージすると明確です。(もっと言うと、XPERIAとiPhoneのCM)

そうやって共感が広まっていくことで、ブランドが生まれます。ちなみに、ここで言うブランドとは「企業と消費者の間の心地よい関係」を指します。

例えばスターバックスの場合だと、「美味しいコーヒーを提供しますよ~」ではなく、「せわしない世の中でお疲れの皆さんに寛ぎの場を創造しますよ。合わせて美味しいコーヒーはいかがですか?」となり、ライフネット生命の場合は凝り固まって不透明だった生命保険業界に「インターネットの力で正々堂々と情報公開を行いながら勝負する」という理念がそこにはあります。

そうした企業の思想・知見・情熱(ソート:Thought)に触れ、顧客はやがてファンとなり、少しずつ確かな力を身に付けていくとのことでした。

 

ファンを作る、ってとても大事なことです。そして、大変なことです。でも、顧客には課題があり、それを解決するための想いが企業側にあるのであれば、それを貫き通すことで、いつかは勝者となりえるのだと思います。

さらに細かいところまで噛み砕いていくと、「企業-顧客」のコミュニケーションって、実は結構生暖かい人と人との繋がりの上に成り立っているはずなので、やはり想いを発信し、共感してもらうことが何より重要なんだと痛感させられました。

 

ちょっと話逸れますが、「Waaaaay!(うぇーい)」はアプリの中の人の想いがプロダクトとアップデート時のメッセージを通して伝わってくるので、何かイイなぁと思ってます。サンマ買いそうです。

sanma

 

ちなみに、ではその想いを伝える方法は?となると、これはまた別の話で様々な事例を交えてご説明頂きました。要はコンテンツマーケティングという事になりますが、これを継続してやり続けるのは大変だろうなぁ。でも、今の自分にとって考え方としては大有りだなぁ。と、そんなこと考えながら帰路に着きました。

これって、要はマーケティングの勉強ですよね。自分の中にはこれまで営業会社ゆえの思考が色濃く染み付いてきましたが、PR手法やマーケティングについても少しずつ勉強していきたいと思いました。

 

最後に、今回のMMD研究所さまのセミナーですが、15日(火)東京、24日(木)大阪でも開催されるそうなので、既に定員いっぱいかもしれませんが、ご興味ある方は是非チェックされたらと思います!

mmd

このページのトップヘ