yutanaka_box

何もない自分の中にある何かを見つけるブログ

タグ:アプリ

先週の木曜日、驚きのニュースが有りました。

福岡の皆様、みんなのUberが間もなく到着します!   Uber Blog

福岡の皆様、みんなのUberが間もなく到着します!

なんと、UBERが福岡上陸です。
日本では東京についで2例目。まさしく創業特区らしい展開といえるのではないでしょうか。

しかも東京で稼働している黒塗りのUBERではなく、「みんなのUBER」というライドシェアモデルです。
みんなのUberは、スマートフォンアプリの簡単な操作で、移動手段が必要なときに、近くで車を運転している人と即時にマッチングしてくれます。通勤、通学から、お仕事の移動、観光、買い物、飲み会の帰りまで、ライドシェアという新たな移動の選択肢をご提供します。

しかも検証プログラム中ということで、無料で利用することが出来ます!(※週5回、1回60分以内の制限あり)

そんな訳で早速使ってみたので記録しときたいと思います。

 

1.呼ぶ


利用開始にはクレジットカードの登録が必要ですが、それ以外はとってもスムーズにアカウントが出来ました。

そして、車を呼ぶのも簡単です。

写真 2015-02-09 0 08 06

「乗車場所を設定する」をタップして、

写真 2015-02-09 0 08 17

「みんなのUberを依頼する」をタップ。以上。

すると、直ぐに「車が向かっています!」とのメッセージが届きます。あまりの早さに焦ってスクリーンショットし忘れました。

この段階で来てくれるドライバーの情報が分かります。また、同時に目的地の指定を求められました。

 

2.待つ


指定した場所に車が来るのを待ちます。

写真 2015-02-06 23 06 50

どうやら目的地のそばで待機していたみたいです。

写真 2015-02-06 23 08 48

大正通りに差し掛かりました。

写真 2015-02-06 23 10 50

キテマスキテマス。

写真 2015-02-06 23 11 44

あと少し。。。

写真 2015-02-06 23 14 12

本当に来たー!!

 

3.乗る


車のナンバーから間違いなくこれだと分かっていたので、「○○さんですか?田中です」と言って乗せてもらいました。感覚的には友達の友達が迎えに来てくれた的なフラット感です。

そして、既に目的地は登録してあるので、あとは到着まで乗っておくだけです。

 

せっかくなので色々聞いてみました。

Q.どれくらい利用されてますか?
A.今日だけで20人位。東京や海外で利用したことある人が大部分を占めている。ちなみに全員iPhoneとのこと。

Q.いつまで無料なんですか?
A.決まってないけど、目的はデータ収集だから、それに十分な期間。

Q.福岡はバスと電車が充実してますが、勝算はあるのですか?
A.バスでは乗り換えが必要だったり、そもそも網羅していないエリアもある。

Q.車は会社のですか?
A.マイカー

Q.朝何時から乗ってたのですか?
A.8時。

 

とにかく、まずは検証実験をやってみて、それから今後どうするか決めていくようでした。

そうこうしているうちに到着です。

写真 2015-02-06 23 25 32

週末のサウナは最高でした!

 

4.降りる


もちろん無料なので、特に何をすることもなくお礼を言ってさようならです。案外あっけないです。

その後、アプリ上では会計と評価の画面が出てきました。

写真 2015-02-07 0 41 35

特に低評価を付ける理由もなく、★5つ。

 

感想


今回は無料ということもありましたが、とっても便利で良いサービスだと思いました。

女性一人での利用など、広く普及していくには時間がかかりそうですが、検証プログラム後も続いて欲しいです。

 

と同時に、airbnbと並べて語られるシェアリング・エコノミーに触れた衝撃が強く残りました。

車に乗って移動したい人と、車に乗せてもいいよって人をマッチングする。シンプルな話だけに、これが実現できるようになったことの凄みを感じます。

安心・安全を担保するブランドと即時性・利便性を追求する技術によって、僕らの生活はもっともっとシンプルかつコンパクトにしていくことが出来るはずです。

タクシーの代替として活躍していくことではなく、このような個人の価値観に対するインパクトこそが、UBERが社会に与える価値なのかなと思いました。

先週の3日に「チビサミ天神」というイベントに参加してきました。会場は天神のOnRampというインキュベーション施設で、近々なくなってしまうとのことだったので、それまでに行くことが出来て良かったです。

2月に入ってから、リクルーティングやスキルアップのために、未だかつてないほど福岡で色んな人に会っているのですが、会場には一緒に仕事してたり、これまでにお会いしたことある方がチラホラ、、、福岡ならではの狭さがどことなく心地よい今日この頃です。

 

お目当ては株式会社からくりものさんの講演。今や福岡のスタートアップ界隈では知らない人はいない超有名人です。

karakurimono

なぜ有名になったかというと、こちら。要は、「ベンチャー企業が独自に作ったバスナビアプリが人気で、そのまま西鉄バスの公式アプリになっちゃった!」という大ニュースです。

福岡と言えば、バスです。西鉄グループはバス保有台数が世界一です。普段乗ってるバスが何番台かで、おおよその生活エリアが分かります。僕が実家暮らしの時は、主に200番台を乗り回してました。

そんな一大インフラを牛耳る大企業が、社員数わずか4名のベンチャー企業に公式アプリを任せた経緯や、アプリ開発においてこだわっている点(主にUI)について話が聞けるということで、瞬速でfacebookから申込みしました。

 

2014-03-03 19.39.58

講演では代表の岡本さんとデザイナーの小柳さんがお話してくださったのですが、一貫して感じ取れたのが「シンプルさ」へのこだわりでした。

岡本社長は元々長野県でIT開発の仕事をされていて、独立するにあたり環境の良さそうな福岡に何のツテもコネもなく移住。着いた初日にIT関連の飲み会に誘われ、そこから徐々にネットワークが拡がり、今に至るそうです。本当は色々と考えてるのかもしれませんが、話す雰囲気もとにかく自然体で、単純に良いものを選択してきただけな印象を受けました。

そんな中、バスアプリを作るに至った理由は「福岡でバスを理解できないと不安だから」という、自分自身が長野から来たときに感じた実体験に基づくシンプルなもの。確かに、そうです。福岡にずっと住んでても、「今バスがどこまで来てるか?」等、バスに関する情報はあるに越したことはないです。

結局のところ、ユーザーに必要とされるサービスか?というのが成功における全てなんですよね。そういう意味では、福岡におけるバスナビアプリは強烈に必要とされるサービスだったんだと思います。

小柳さんがお話してくれたのがUIへのこだわり。これまた考え方が実にシンプル。UIとは接点、つまり病院の受付のようなもので、どんなに腕の良い医者がいたとしても、受付が分かりにくかったら意味が無いという例えが絶妙でした。

またアプリ作成にあたって大事にされていることは「V(vision:どうしたいか?)C(concept:どうやって?)T(target:誰に?)」という、これまたシンプルなもの。ただし、これをやり通すのが本当に大変なことなんだろうなと思います。クライアントが「どうしてもこの機能は入れたい」と言ってきた時とかは、かなり強気に説き伏せる場合もあるそうです。

実際のアプリ画面はこんな感じ。

busnavi

「のるところ」「おりるところ」、さらに細かいんですけど普段よく使うのは「いつもの」という超分かりやすいテキストと、青ベースに赤というこれまたシンプルで色弱の方にも優しいユニバーサル仕様です。

 

スキンヘッドのルックスとは対照的にとても物腰柔らかくて素敵な方でした。今後、東京に行ったりするのかお伺いしたところ、「福岡は良いところだし仕事に問題がないので、その予定はないですー」とのこと。是非また機会があればお話しさせて頂きたいです!

初めての妊娠・出産・子育てと、分からないことだらけですが、
便利なアプリもいっぱいです。

今回は普段使っているアプリをご紹介します。

 

ベビーコール

babycall babycall2 babycall3

ママとパパのコミュニケーションのために作られたアプリです。

妊娠・出産・子育てに関するお得情報や、
役所からの情報も配信されます。

また、1日2件ずつくらいのペースで質問が届くので、
お互いどんな回答するのか楽しみだったりします。

 

妊娠週刊パパ

papa1 papa2 papa3

妊娠週数に合わせて、現在の赤ちゃんの様子を、
それはもうザックバランバランに教えてくれるアプリです。
おそらく作った方は5~10歳年上のジャンプ黄金期と言われる世代の方でなかろうかと思います。

ただ、見た目や文章はふざけてるんですけど、
内容のしっかりしたところは評価(★4.5)に現れています。

週数が更新された朝、このアプリを開くのがとても楽しみです。

 

まいにちのたまひよ

maitama1 maitama2 maitama3

ベネッセが作るアプリの一つです。
毎朝、その頃の様子を教えてくれます。

パパ向けに「今ママはこんなことで大変なんですよ」と書いてあるのは貴重です。

 

※番外編:LINE ノート投稿

linenote1 linenote2

入院していると、「あれ買ってきて」「これ持ってきて」というのが絶えないのですが、
どうも最近物覚えが悪くなってきたせいか、肝心のものを忘れるということが続発しました。

LINEのメッセージで送られても、過去の内容を読み直す事自体がめんどいし、
流れの中で見落としてしまうことも仕方ないと思います。

とはいえ、そのためだけにevernoteを2人で使うのもややこしいし、と思っていたら、
何とも便利な機能がLINEに搭載されてました。

いいね!とコメントも付けられるし、
これは他のシーンでもバンバン使える気がします。

まぁ、ノートに書かれても忘れちゃったりするんですけどね!

 

【プレ父⑬】入院生活2 >>

少し日が空いてしまいました。
気を引き締め直したいと思います。

今日は最近ぼんやりハマっている、
しかしなかなか広くはオススメできないアプリのご紹介です!

「ベビーコール」
babycallicon

コンセプトが「家族の成長と気持ちを共有するアプリ」ということで、
妊娠が分かったタイミングからその子が7歳になるまでの夫婦を対象としています。

主に使っている機能としては、まずは「お知らせ質問」コーナー。

2013-10-30 00.37.51

1日2件ずつくらい赤ちゃんから質問が届くので、
それに5択から答えるって感じです。

時折、市役所から検診のお知らせが届いたりするので、
何だかんだ毎日チェックしてます。

相方が何と回答したかもわかるので、
なるほどコミュニケーションツールだなって感じです。

次に面白いのが、「成長のあゆみ」という横スクロールの画面。

2013-10-30 00.38.07

2013-10-30 00.38.45

2013-10-30 00.39.21

時期に合わせて発生することを書かれているので、
これからどんなことが起こるかが楽しみです。

他には写真や生まれた後の身長体重などを記録できたり、

2013-10-30-01.11.48

子育てに関するかなりボリュームのあるQ&A等もあり、

2013-10-30 00.39.47

特に僕らのように初めて出産・育児を経験する人達にとっては、
単純に必要だったり、これを記録するのが楽しかったりします。

アイコンなどデザインも可愛らしくて完成度が高いですが、
今のところ全て無料で利用できています。

作成しているのがアニメを作っている会社なので、
そこへの誘導とかビックデータ回収を狙っているのでしょうか。

いずれにせよ、夫婦で楽しく子育て情報を管理・記録できるツールとして、
かなり役に立つのではないかと思います。

対象となる方がいらっしゃいましたら、是非一度お試しください!

近頃、ニュース系アプリが僕のiPhone5内で盛り上がってます。
中でもしのぎを削り合っているのがこちら。

newsapp

「SmartNews」「Gunosy」「NEWS PICKS」です。
それぞれがどんなアプリかは、それぞれのサイトや紹介ブログにお任せするとして、
今回は個人的に使ってみて思うことをつらつら書いてみたいと思います。

 

まずは「SmartNews

2013-10-08 23.00.54

使いやすさは流石にスマートそのものです。
ニュースの内容から一覧に戻るときの右スライドに、
いつも妙な心地よさを感じてます。ガコって感じ。

ただ、twitterを解析してキュレーションしているせいか、
な~んとなく、ニュースが軽いような気がする。。。

加えて、それぞれの配信元に移動して終了なので、
ハマる要素がないのかなと思います。

 

続いて「Gunosy

2013-10-08 23.01.10

これは最初からずっと思っているのですが、
「今ひとつ趣味を捉えてない」時のしらけ具合が何ともいえないです。

そりゃ確かに、何かのきっかけでアニメのニュースとか見たかもしれないけど、
そんなにガッツリオタク系のアニメばかり並べられても困る!ッて感じ。

もっとスポーツのこととか興味あるのになー。
割と爽やか系のつもりなんだけどなー。。。

最近リニューアルした機能はまだ使ったことないので、
そこら辺のポテンシャルは未知数です。

 

最後に「NEWS PICKS

2013-10-08 23.01.29

個人的には一番見てます。

そもそもYahoo!ニュースのコメント欄とか何故か好きで、
同じニュースについてどんな意見があるのかな?っていう欲求があります。

そして何より、自分がキャッチアップしたいと思っている人がどんなニュースに関心をもつのか?は、
成長意欲の高いビジネスマンにとって本能的な欲求を満たしている気がします。

加えて、「pick」した時のゼブラマークのポップアップに囁かな興奮を覚えます。笑

 

以上をまとめると、普段の行動フローとしては、

①NEWS PICKSで抑えるべきニュースをチェック
②SmartNewsでスポーツとか2ちゃんねるネタをチェック
③時間があれば、Gunosyで拾いきれてない面白ニュースを探す

といった感じで使ってる気がします。

コメントとかコミュニティ機能が絶妙のバランスで構成されると中毒性が高まってくるはずなので、
どっかが何か面白いことやってくれるのを期待してます!

このページのトップヘ