入院生活は、とにかく暇とのこと。

なにせ、切迫早産といえど、そもそも身体は結構元気。
病気じゃないから調子悪いところがある訳でもなく、
また食事制限もなく、ただただ横になって時間を過ごすのみです。

病室にある娯楽はテレビのみ。
1000円1000時間のテレビカードは安いのか高いのか。

食事は、出汁が染みてて美味しいらしい。
メインは魚と鶏肉のループで、野菜など栄養バランスも完璧、
1日の摂取カロリーも1400kcalに抑えられてて、まさに健康食。

ただ、この食事も後々、真の姿を見せてきます・・・

 

悩みは風呂に入れないこと。
一日一回、暖かいタオル×5枚くらいが配られて、
それで全身を拭くしかないそうです。

それもそのはず、絶対安静を課されている今、
移動も病棟(産婦人科)の自動ドアまでしか許されてません。

特に髪の毛は脂臭くなる一方で、
5日目に初めてシャワーしてもらった時は感動してました。

 

それから産婦人科ならではのお楽しみが2つ。

一つは、毎日お腹の赤ちゃんの心音を聞けること。
「ドクッドクッ」という音の中に、たまに「ゴソッ」と大きな音がして動いてたり、
機械を心臓に合わせて当ててるのに、元気良すぎて逃げまわったり、なかなか微笑ましい瞬間です。

 

もう一つが生まれたての赤ちゃんを見れること。
新生児室というところに、今日生まれたとか入院中の赤ちゃんがガラス際に並んでます。

特に大きな病院だから、双子の出産も少なくなくて、
名前を見る前から似てるなーと思ったらやっぱり双子!ということもよくあり、
赤ちゃんって同じような顔してるけど、ぜんぜん違うんだなーという発見がありました。

たまに黄疸の治療のために放射線治療器に入れられてて、
目元にテープ貼られている赤ちゃんのことをX-MENと呼んでます。

2010-08-30 19.55.39

 

一方で、僕は一人暮らし生活がスタートしました。
元々里帰り出産を予定していたので遅かれ早かれではありますが、
突然のことで少し戸惑いました。

ただ、急に切り替えざるをえない状況が故に、
面白がってやり過ぎちゃうのが僕のいいところでもあります。

とりあえず家にあるものを使い切るという目的のもと、
鍋物やカレーなど色々作ってみたり、週末は欠かさず部屋の掃除してます。

それから、面会時間が14~20時なので、行ける時はなるべく行くようにしています。
有難いことに母親もよく来てくれてて、「今日のヨーグルト」とか言って、
必ず1個ヨーグルトを置いて帰るのが恒例になってます^^

 

と、そんな感じで、不自由なこともありますが、ぼちぼち入院生活は進んでいきますー。

 

【プレ父⑨】退院!? >>