まず初めに、結果だけドーン!!

写真 2014-11-09 13 31 29

無事完走できました!!

ただ、目標にしていた「4時間30分以内」は無理でした。っていうか、マラソンなめてました。すみませんでした。。。ギリギリ5時間切ることが出来ただけでも大したもんだと思っています。

以下、せっかくの記念すべき第1回福岡マラソンでしたので、これから何回かに分けてブログ書いていきます。(ネタを小出しにする作戦)

 

まずは「完走編」、僕の42.195kmをザザーッと振り返ってみます。初マラソンを4時間台で走る方法を知りたい人にはリアルな一部始終として参考になるかもしれませんが、正直全くオススメできませんのでご了承下さい。

 

スタート地点


写真 2014-11-09 8 06 47

これはスタート位置に移動している時に撮影した、後ろの渡辺通です。車が一台も通ってないところは初めて見ました。そして、その道の真ん中を歩いてるというのも何だか不思議な感覚です。

写真 2014-11-09 8 07 02

スタート直前。人がごちゃごちゃいます。

写真 2014-11-09 8 23 39

スタートの号砲が鳴ってから3分後に通過したスタートラインにて。現職の市長がお見送りしてくれました。

 

~5km地点(ラップ:29分49秒)


sihakub21

当初、6分/kmペースで走ろうと思っていたのですが、スタート直後がどうしてもスムーズに進まなかったため、3~5km辺りでスピードを上げ、何とか5kmを30分以内に通過することが出来ました。小雨がぱらついてましたが殆ど気にならず、とても気持ちよく走っていました。

途中、前市長が沿道で手を振っていて失笑してしまいました。

 

~10km地点(ラップ:27分10秒)


28540287

馴染み深い西新~姪浜の道をグングン進みます。ファンランの方がいなくなり本格的にマラソンレースが始まった感じがしてきました。周りのペースが遅いのを見て「俺はこのレベルじゃない」と言わんばかりに、ガンガン追い抜いて行きました。楽しかったです。

 

~15km地点(ラップ:28分20秒)


point_ph03

10kmを過ぎたので少しペースを落とそうと思いましたが、ちょうど天気も良くなってきたこともあり、まだまだ元気に走ります。鯛焼やスパイダーマンに仮装している人がいて、その人達に対する沿道からの声掛けがとても印象的でした。特に子供に人気があるのは羨ましかったです。

 

~20km地点(ラップ:29分20秒)


img0384

折り返し地点がある九大伊都キャンパスに差し掛かります。途中から長い上り坂となりちょっとしんどいなと思ったのですが、反対車線を走る(折り返してきた)ランナーの方々を見ると皆さん元気そうで、まだまだ負けてられんという気になりました。

ただ、この辺りから左膝の裏に違和感が。。。

 

~25km地点(ラップ:31分37秒)


73772

練習での最高距離が20kmだったので、ついに未踏の領域に突入しました。さすがにそれまでのペースを維持することがしんどくなり、6分20秒/kmくらいを意識して、あくまでも目標は「4時間半」というイメージで走ります。

 

~30km地点(ラップ:41分32秒)


20140412236

コース中盤の海沿いの道。本来であれば清々しく走り抜けるはずだった所ですが、そこは地獄の始まりでした。25kmを過ぎた辺りから急激に両方のふくらはぎが痛くなりだし、26kmのトイレで一度足を止めてしまったのが裏目に出たのか、しばらくすると走ることができなくなりました。呼吸や心拍とかは何の支障もないのですが、とにかく足が痛い。少し走っては足がつって立ち止まり、ストレッチをしてまた走り、また足がつり、仕方がないので歩いて前に進む・・その繰り返しです。

4時間半の目標はここで諦めました。っていうか、完走できる気がしませんでした

 

~35km地点(ラップ:49分28秒)


6932d169b3150b15964e01ea51dc4b93

25~30kmが地獄だとすると、30~35kmは拷問です。太ももや股関節もつりそうになり、足の裏にはマメができたらしく歩く度にジンジンするし、途中、何でこんな田舎まで足痛めに来てんのか、半ギレ状態でした。山道で上り下りがあるし、周りは海が見えるわけでもないし、沿道にいる地元の方とボランティアの方の応援だけが心の支えです。

ほぼ歩いていたと思います。しかも死にそうな顔で。

 

~40km地点(ラップ:45分44秒)


36kmを過ぎた辺りに沿道のおじさんが「君たちは36km走ってきたんだ、残り6kmがんばれ!」と声をかけてくださり、ふと元気がみなぎってきました。足もだいぶ歩いていたおかげで、イイ感じでカチコチに仕上がっており、ゆっくりなら走り続けられそうな感じがします。

そして37kmを超えたところで時計を見ると4時間25分くらいで、このまま6分/kmペースで走り続ければ5時間は切れることが分かったので、「ゴールまで止まらずに走り続ける!」と心に誓い、ひたすら「あと5km・・・あと4km・・・あと3km・・・」と呟きながら走りました。

 

~フィニッシュ(合計:4時間57分25秒)


写真 2014-11-09 13 22 24

ラスト5kmは何とか走り切ることが出来ました。最後、フィニッシュの文字が見えてからの400mくらいが地味に遠くてしんどかったです。完走記念のタオルとメダルをかけてもらった時は、達成感よりもホッとしたという気持ちでいっぱいでした。

 

おまけ


写真 2014-11-09 15 08 23

「家に帰るまでが◯◯です」とはよく言ったもんで、今回の福岡マラソンの特徴である「スタート地点に帰ってこない」ために、参加者の大多数が筑前前原駅までの無料シャトルバスを利用します。

この行列が長かった。。。写真だと分かりにくいんですが、ゴール地点横の公園内から500mほど伸びた行列の先に200mくらいの列が3回折り返してました。これは足の裏にマメができて、爪が剥がれたんじゃないかという痛みを抱えた足にとっては、フルマラソン以上の苦行でした。

 

つづく