すっかり時間が経ってしまいましたが、きちんと記録に残しておきたいと思います。

出産予定日を24日に控え、みるみるうちにお腹が大きくなってきました。床に落ちたものを拾ったり寝返りをうつだけでも一苦労、「早く生まれてくれー」という冗談も言ってました。

 

そんな中、ちょっとしたアクシデント(?)がありました。予定日まで2週間の4月10日、いつもと違う感じのオリモノが出たとのことで病院に行ったところ「破水疑い」のために入院となりました。

破水と陣痛って、どっちが先かは人それぞれらしいのですが、破水から先に起こっちゃった場合は赤ちゃんを守る羊水が子宮の内側に触れてしまうために感染症のおそれがあるとのこと。その為、破水が確認された場合は48~72時間以内には体外に出さなければいけないらしいです。陣痛促進剤打つとか帝王切開とか。どちらも身体に負担のかかることなので、自然に陣痛が始まるほうが望ましいみたい。

とりあえず病院で一泊、翌朝に血液検査で感染症とかのチェックをして何もなければ退院とのことでした。ちなみに、切迫早産で2ヶ月も入院してたもんだから、準備万端だし入院に対する不安もないし、助産師さんたちは「おかえりー」的なノリだったりで、割りかしリラックスしてその日は過ごせたようです。

そして、気になる検査の結果は「破水なし」。そのままお昼すぎに一人で退院してました。ちなみに入院費22,360円位かかりました。。。

 

そんなフェイントをくらった日の夜(25時ごろ)、またしてもちょっと違うオリモノが出たとのこと。しかも今回は臭いが違うと。「今度こそ本当に来たかもしれない」ということで、またも病院に、、、行きませんでした。だって、また病院行って「破水なし」って診断されるのも微妙だし、そもそも予定日まで10日あるし、意外と入院費かかるし。

翌日は土曜だったので、西新とかマリノアとかブラブラ歩いてました。ずっと欲したかった一人用のスーツケース(ゴロゴロ)を買ったり、夜は近くにあるチェーンの居酒屋さんで食事したりと、デートっぽいデートはかなり久しぶりで楽しかったです。

 

と、ここまではプロローグ。ようやく本題が始まります。

前日にさんざん歩き回った日曜の朝、またもや臭うオリモノが出てきました。「これは本当に来たかもしれない」と思い、入院の準備をして病院へ。するとちょうど主治医の先生が当直でいたおかげもあり、検診をしてもらって「破水」が確認されました。子宮口も2cmくらい開いているとのこと。

そして重要なのがいつ破水したのか?なんですが、今回は金曜夜25時となりました。つまり、感染症を考えると体外に出さなければいけないリミットまであまり時間がありません。結果、翌日の朝8時半から陣痛促進剤を打って陣痛を起こすことが決まりました。人によって効くかどうかは個人差があるので一概に言えないのですが、順調に進めば明日生まれます、ってことです。

ここまで来れば覚悟を決めて、先生と助産師さんを信じて、お腹の中の赤ちゃんと一緒に頑張るしかないです。祖母からは「おめでとうー!」と謎のフェイント電話がかかってきたりしましたが、僕らは穏やかにLINEしながら翌日を待ってました。全ては朝8時半から始まります・・・

 

>>【プレ父⑱】立会い出産