yutanaka_box

何もない自分の中にある何かを見つけるブログ

カテゴリ: Web

本日、MMD研究所さまの開催するセミナー「成長を加速させるためのPR戦略セミナー」~ソートリーダーシップという究極の地位を獲得せよ~に参加してきまして、これがなんと台風の影響で参加者1名、講師(吉本社長)とマンツーマンで1時間お話しをさせて頂くという、5,000円くらい払っても大満足な非常に幸運な出来事がありましたので、ここに学んだことを記録しておきたいと思います。

 

タイトルが「PR戦略」ということで、対象はいわゆるマーケターと呼ばれる職種の方々です。そして僕は、マーケティングなんて勉強したこともない全くの素人でしたが、何となく今の仕事でヒントになることがある気がしたのでエントリーしてました。

ちなみに今の仕事というのは、facebookで色々とやってるのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、自治体の広報紙アプリ「i広報紙」の普及でして、目下ご参画頂ける自治体様を1つでも多く増やしていくことを最重要課題として働いております。

広報紙をもっと身近に i広報紙
ikouhoushi

宣伝失礼しました。

 

さて、ここで問題です。スターバックスとライフネット生命の共通点は何でしょうか?

ライフネット生命とスタバ

僕は「既存のサービスを仕組みを変えて提供していること」と無難に答えましたが、正解はこちら。

kazuko

マーケティング担当役員の中田華寿子さん。この方がポイントです。中田さんの考え方やライフネット生命のマーケティングについては、以下の記事がとても分かりやすいです。

ブランドをビジネスにどう生かすか? ライフネット生命 中田華寿子氏

「10万人に愛されるブランドを作る!」ライフネット生命保険のマーケティング手法図解

 

つまり、企業のPRとして行うべきことは「製品・サービスの機能についてカッコよく説明する」のではなく、顧客にとっての課題を理解した上でそれに対する企業としての「想いに共感してもらうこと」であるとのことです。→この辺はSONYとAPPLEの対比をイメージすると明確です。(もっと言うと、XPERIAとiPhoneのCM)

そうやって共感が広まっていくことで、ブランドが生まれます。ちなみに、ここで言うブランドとは「企業と消費者の間の心地よい関係」を指します。

例えばスターバックスの場合だと、「美味しいコーヒーを提供しますよ~」ではなく、「せわしない世の中でお疲れの皆さんに寛ぎの場を創造しますよ。合わせて美味しいコーヒーはいかがですか?」となり、ライフネット生命の場合は凝り固まって不透明だった生命保険業界に「インターネットの力で正々堂々と情報公開を行いながら勝負する」という理念がそこにはあります。

そうした企業の思想・知見・情熱(ソート:Thought)に触れ、顧客はやがてファンとなり、少しずつ確かな力を身に付けていくとのことでした。

 

ファンを作る、ってとても大事なことです。そして、大変なことです。でも、顧客には課題があり、それを解決するための想いが企業側にあるのであれば、それを貫き通すことで、いつかは勝者となりえるのだと思います。

さらに細かいところまで噛み砕いていくと、「企業-顧客」のコミュニケーションって、実は結構生暖かい人と人との繋がりの上に成り立っているはずなので、やはり想いを発信し、共感してもらうことが何より重要なんだと痛感させられました。

 

ちょっと話逸れますが、「Waaaaay!(うぇーい)」はアプリの中の人の想いがプロダクトとアップデート時のメッセージを通して伝わってくるので、何かイイなぁと思ってます。サンマ買いそうです。

sanma

 

ちなみに、ではその想いを伝える方法は?となると、これはまた別の話で様々な事例を交えてご説明頂きました。要はコンテンツマーケティングという事になりますが、これを継続してやり続けるのは大変だろうなぁ。でも、今の自分にとって考え方としては大有りだなぁ。と、そんなこと考えながら帰路に着きました。

これって、要はマーケティングの勉強ですよね。自分の中にはこれまで営業会社ゆえの思考が色濃く染み付いてきましたが、PR手法やマーケティングについても少しずつ勉強していきたいと思いました。

 

最後に、今回のMMD研究所さまのセミナーですが、15日(火)東京、24日(木)大阪でも開催されるそうなので、既に定員いっぱいかもしれませんが、ご興味ある方は是非チェックされたらと思います!

mmd

お久しぶりです、田中です。何だか最近バタバタしていまして、うっかりブログの存在を忘れてました。すると、Google Analyticsがこんな感じになってました。

samaly

6月の月間PVが756ということで、5月の722を上回り、見事過去最高PVを更新しました!・・・って、何も凄くないですが。笑

 

ただ、何もしてないのに過去最高というのは気になるので調べてみました。まず初めに、どうやってサイトに訪れられたか。

集客のサマリー   Google Analytics

ずばり、検索です。まあ、分かりきったことですけど。ちなみに、新規セッション率が91.85%ということで、ほぼ大多数が何かしらのキーワードを検索して初めてブログに訪れてくれたということになります。有難うございます。

つづいて、気になる検索キーワードはこちら。

オーガニック検索トラフィック   Google Analytics

合わせて、閲覧数の多いページはこちら。

ページ   Google Analytics

という訳で、主に「pentatonix」に関するこのページですね。どうやら「pentatonix 年齢」とかで検索したら1位みたいです。アカペラとか洋楽とか縁もゆかりも無いのに申し訳ないです。。

 

次に目立つのは「福岡マラソン 当選」です。僕の場合、地元先行枠で当選してたので、一般枠の当選発表までの時間に見られてたんじゃないかなーと予想。周りの人で外れた人も少なくないようなので、注目度の高さが伺えます。

ちなみに、肝心のフルマラソン完走への道ですが、ヤバイです!子育てと仕事に奔走するあまり、ついついサボってました。体重はそんなに変わらないですが、体のキレが鈍ってます。

何気に10月の筑後川マラソンのハーフの部にも出ることになったので、そろそろ本気でトレーニングしなきゃ!

 

最後にちょっと面白かったのが「サラダチキン 福岡」。この検索結果はなかなか誇らしいです。

サラダチキン 福岡   Google 検索

 

そんな感じで、子育ても少し落ち着いてきたっぽいので、ブログもマラソンも頑張りまーす!

大したことじゃないかもですが、結構驚いた記念にメモ。

 

ChromeといえばGoogleが開発したブラウザで、
サクサク動くし拡張機能も面白いのがいっぱいあるし、
何よりGmail、GoogleドライブなどGoogleに首根っこ掴まれてるので、
もはやかけがえのない存在として君臨しています。

そして当然のようにショートカットキーも充実していて、
「Ctrl+W」とか「Ctrl+Shift+N」とか重宝してます。

詳しくはこちら等、調べれば色々出てくるはずです。

 

そんな中でも一番ドヤ顔で使っているのが「Ctrl+Shift+T」でして、
上記のサイトから引用すれば、

「最近閉じたタブをもう一度開く。最後に閉じた 10 個までのタブが記憶されています。」

ということです。

 

例えば、次のサイトを見ている時に

Browser1

間違ってタブを消しちゃったとします。

Browser2

そんな時、「Ctrl+Shift+T」を押すと、

Browser1

復活します!

このショートカットのいいところは、
「Ctrl+Shift」を左手の薬指と小指で押しながら、
右手の人差指で「T」を押すときの気持ちよさじゃないかなと思います。

と、ここまでは2年前の驚きネタですが、今回の驚きはこちら↓↓

 

まず、とあるWEBページを見ているとします。

前面にあるウインドウをよく見てもらうと分かるのですが、
左上に「タブの固定」をしたページがまとめられています。

会社ではPCをデュアルモニターにしているので、
右のブラウザにはメールとドライブを常時開いているということがよくあります。

Browser3

 

そんな時、例えばパワポのウインドウを消すつもりが、
誤ってブラウザのウインドウを消してしまいました。

Browser4

 

タブの固定とか自分流に設定していたものが全てパー。
そんなに大きな手間でもないですが、「あーもう!」感が半端ないです。
(個人的にですが、これ本当によくやっちゃいます・・・)

Browser5

 

そこで、「Ctrl+Shift+T」を押すと、、、

Browser6

 

復活ーー!!!!!

悔しさついでで試しにやってみた時、
業務中でしたが思わず「おぉ~」と言っちゃいました。

ウインドウの位置までは再現できないようですが、
そんな事は全然OKです。

 

これって、結構当たり前ですか?
お試しあれ~。

「爆速経営 新生ヤフーの500日」

yahoo1

訳あって、昨夜から朝にかけて一気に読みました。
まずは一言、とてもワクワクする一冊でした。

 
高収益だがつまらない会社ーー。そんなヤフーを変えた若き経営陣の改革の軌跡。
201X年までに営業利益2倍。その目標に「高速」を超えた「爆速」で挑む。

2012年4月、創業から15年にわたってヤフーを率いてきた
井上雅博氏に代わってCEOに就任した宮坂学氏が、
その後どのようにして改革を推し進めてきたのかを、約1年半にわたって取材したものです。

 

Yahoo!といえば、「インターネット=ヤフーのTOP画面」と思われるほど、
日本のITにおいては、もはやインフラとなったネットサービスです。

創業から増収増益を連続し、明日倒産するはずなんてない、
何一つ危険視する必要のない安定した会社でした。

しかし、そんなある日ソフトバンクアカデミアで一人の受講者(元ヤフー社員)が、
孫会長の前でこんなプレゼンをします。
「ヤフーは実にMOTTAINAI」
「ヤフーは日本一のインターネット会社であり、技術、人材、ノウハウはどこにも負けない。
しかし、せっかくの資産を経営陣は生かし切っていない」

増収増益を維持することが目標となっていること、
社員が5000人を超える大企業になっていること、
井上前社長の大局観に依存した経営体制などから、
現場の社員も「提案してもどうせ却下される」という想いを抱き、
新しい挑戦も少なくなり、次第に優秀な社員が辞めていく。

そんな負のスパイラルに陥っていたそうです。
そこから、孫会長、井上前社長による後任選びが始まります。

しかし、経営の危機に瀕しているわけでもないので、
例えば日産のカルロス・ゴーンのように外部から強力な人を招聘してもうまくいく筈はありません。

そこで白羽の矢を立てられたのが、53番目の社員である宮坂学氏でした。

miyasaka

 

宮坂社長が行ったことは実にシンプルです。
文中にもある通り、「原理原則」による経営スタイルです。
①適切な人をバスに乗せる
②メンバーの意識を統一させる
③スピード命で挑戦しまくる

 

①適切な人をバスに乗せる

まずは経営陣の世代交代ということで、川邊副社長はじめ、
一癖も二癖もあるメンバーを仲間にしていきます。

中でもチーフ・モバイル・オフィサーとして、
前年にヤフーがつまらなくて退職していた村上臣氏を迎え入れることは、
新しい文化の幕開けを象徴する人事であったと言えます。

murakami

また個人的には、元楽天社員である小沢隆生氏を、
ヤフーショッピングとして真っ向から対抗させるべく、
ショッピングカンパニー長に抜擢しているところが一番面白いなと思います。

この方、YJキャピタルとしてラクスルごちクルにも出資していたり、
何だか面白そうな人オーラがプンプンしています。

ozawa

 

②メンバーの意識を統一させる

この本を通して、宮坂社長の武器として最も印象に残ったものが、
「言葉」による意識統一の力です。

タイトルにもなっている「爆速」や、
従来の「ライフエンジン」を言い換えた「課題解決エンジン」とった、
シンプルかつ心地よいポジティブさを与えてくれる感じが絶妙です。

他にも「10倍挑戦、5倍失敗、2倍成功」や、
「異業種最強タッグ」「未踏領域への挑戦」など、
聞くだけで何を良しとするのかが一発でイメージできます。

そして、さらに大事なのが、そのフレーズを浸透させるために、
打てる仕掛けを徹底的にやり切ることです。

「爆速」というフレーズが生まれた時は、
ひとまず全社向けのプレゼンにひっそりと登場させ、
ある程度の好感を得ることが確認できたことから、
今度はTシャツやステッカーを作って社内外にPRしていきました。

これによって、お客さんからも「爆速でよろしく」と言われたりと、
社員一人ひとりが爆速意識を高めていくようになったそうです。

bakusoku

「言葉の力」と「浸透させる仕掛け」、
こういうの大好きなんで実践してみたいです。

 

③スピード命で挑戦しまくる

就任から27日後にアスクルへの330億円出資を決めたり、
クックパッド、カカクコム、グリーとの事業提携においては、
いずれも1,2ヶ月で完了しています。

このスピードの背景としては、スマートフォンの台頭により、
「ゲームのルールが変わった」ことがあります。

日進月歩で変化し続ける技術と、それを追いかけるニーズの中で、
「動かない事こそが最大のリスク」ということを理解し、
とにかく早く、どんどん挑戦しまくることが何よりの強みになります。
またアクション第一で進めることにより撤退時のリスクも軽減されます。

スピードといえばベンチャー企業の命綱みたいなものですが、
安定をよしとしていたヤフーが経営陣の世代交代によって、
大手の老舗企業からベンチャー企業に生まれ変わった現れだと思います。

 

これらの経営スタイルには、井上前社長の存在もあったとのことです。

誰からも「天才」と言われる頭脳明晰さ、全てを見通したような大局観を持ち、
徹底的なマイクロマネジメントによって増収増益を維持してきた手腕は、
宮坂社長には決して持ち得ないものでした。

だからこそ能力を補完し合える人材を仲間にして、
総勢5000名のメンバーの意識を統一させ、
どこよりも爆速で挑戦しまくる組織に生まれ変わる必要がありました。

そうして直近では、見事に4四半期連続の2桁成長を達成しています。

2013q2

 

ただ、個人的には事業提携やビジネスモデルの見直しばかりで、
肝心の技術力はどうなったんだろう?という疑問が残っています。

特に検索エンジンはGoogleに完敗を喫していますし、
ヤフーが日本最大のポータルサイトとして君臨し続けるための、
コアバリューと言える何かが生まれてくることを期待しています。

 

タオバオ」をモデルとしたECサービスの無料化など、
まさに大注目のヤフーの今を紹介している本として、
皆さん読んでみる価値があるかと思います!

今日のブログは手抜きです。
最初に開き直っときます。

 

さて、この画像は何でしょうか?

morgan

 

そうです、モーガン・フリーマンです。

ただこの画像、実はiPadで描かれた絵なんです!

 

証拠がこちら。

ワン・ツー・スリー



 

いやー、凄い。

会社でデザイナーの子に見せたところ、「油絵的な塗り方ですね」って言ってました。
なんやその台詞、カッコイイやないか。

 

こちらイギリスのKyle Lambertというアーティストさんの作品だそうです。
これだけ絵が上手にかけたら楽しいだろうなぁ。

このページのトップヘ