yutanaka_box

何もない自分の中にある何かを見つけるブログ

カテゴリ: Study

本日、MMD研究所さまの開催するセミナー「成長を加速させるためのPR戦略セミナー」~ソートリーダーシップという究極の地位を獲得せよ~に参加してきまして、これがなんと台風の影響で参加者1名、講師(吉本社長)とマンツーマンで1時間お話しをさせて頂くという、5,000円くらい払っても大満足な非常に幸運な出来事がありましたので、ここに学んだことを記録しておきたいと思います。

 

タイトルが「PR戦略」ということで、対象はいわゆるマーケターと呼ばれる職種の方々です。そして僕は、マーケティングなんて勉強したこともない全くの素人でしたが、何となく今の仕事でヒントになることがある気がしたのでエントリーしてました。

ちなみに今の仕事というのは、facebookで色々とやってるのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、自治体の広報紙アプリ「i広報紙」の普及でして、目下ご参画頂ける自治体様を1つでも多く増やしていくことを最重要課題として働いております。

広報紙をもっと身近に i広報紙
ikouhoushi

宣伝失礼しました。

 

さて、ここで問題です。スターバックスとライフネット生命の共通点は何でしょうか?

ライフネット生命とスタバ

僕は「既存のサービスを仕組みを変えて提供していること」と無難に答えましたが、正解はこちら。

kazuko

マーケティング担当役員の中田華寿子さん。この方がポイントです。中田さんの考え方やライフネット生命のマーケティングについては、以下の記事がとても分かりやすいです。

ブランドをビジネスにどう生かすか? ライフネット生命 中田華寿子氏

「10万人に愛されるブランドを作る!」ライフネット生命保険のマーケティング手法図解

 

つまり、企業のPRとして行うべきことは「製品・サービスの機能についてカッコよく説明する」のではなく、顧客にとっての課題を理解した上でそれに対する企業としての「想いに共感してもらうこと」であるとのことです。→この辺はSONYとAPPLEの対比をイメージすると明確です。(もっと言うと、XPERIAとiPhoneのCM)

そうやって共感が広まっていくことで、ブランドが生まれます。ちなみに、ここで言うブランドとは「企業と消費者の間の心地よい関係」を指します。

例えばスターバックスの場合だと、「美味しいコーヒーを提供しますよ~」ではなく、「せわしない世の中でお疲れの皆さんに寛ぎの場を創造しますよ。合わせて美味しいコーヒーはいかがですか?」となり、ライフネット生命の場合は凝り固まって不透明だった生命保険業界に「インターネットの力で正々堂々と情報公開を行いながら勝負する」という理念がそこにはあります。

そうした企業の思想・知見・情熱(ソート:Thought)に触れ、顧客はやがてファンとなり、少しずつ確かな力を身に付けていくとのことでした。

 

ファンを作る、ってとても大事なことです。そして、大変なことです。でも、顧客には課題があり、それを解決するための想いが企業側にあるのであれば、それを貫き通すことで、いつかは勝者となりえるのだと思います。

さらに細かいところまで噛み砕いていくと、「企業-顧客」のコミュニケーションって、実は結構生暖かい人と人との繋がりの上に成り立っているはずなので、やはり想いを発信し、共感してもらうことが何より重要なんだと痛感させられました。

 

ちょっと話逸れますが、「Waaaaay!(うぇーい)」はアプリの中の人の想いがプロダクトとアップデート時のメッセージを通して伝わってくるので、何かイイなぁと思ってます。サンマ買いそうです。

sanma

 

ちなみに、ではその想いを伝える方法は?となると、これはまた別の話で様々な事例を交えてご説明頂きました。要はコンテンツマーケティングという事になりますが、これを継続してやり続けるのは大変だろうなぁ。でも、今の自分にとって考え方としては大有りだなぁ。と、そんなこと考えながら帰路に着きました。

これって、要はマーケティングの勉強ですよね。自分の中にはこれまで営業会社ゆえの思考が色濃く染み付いてきましたが、PR手法やマーケティングについても少しずつ勉強していきたいと思いました。

 

最後に、今回のMMD研究所さまのセミナーですが、15日(火)東京、24日(木)大阪でも開催されるそうなので、既に定員いっぱいかもしれませんが、ご興味ある方は是非チェックされたらと思います!

mmd

昨日は久しぶりに朝10km走った後、家でブログ書きながらG1ベンチャーを動画で見てました。

プログラムをご覧頂けると分かるかと思いますが、とんでもなく豪華なメンバーばかりです。個人的に「マイナンバー」の件は仕事とも少なからず関連があるであろう項目なので、単なるベンチャーわっしょいな内容でなく、さながら勉強会に参加するような感じでした。

また、第8部「起業家が生み出すイノベーションが世界を変える」も眉唾ものでした。何と言ってもパネリストがCA藤田社長、DeNA南場さん、GMO熊谷会長、そして小泉進次郎というワクワク感。どんな話が飛び出すか必見です。

g1

 

■10年後どうなっているか?


モデレーターのグロービス堀さんから「10年後はどんな働き方をしているか?どんな業種が生まれるか?」という問いがありました。これに対して各人の答えは、
藤田社長「クラウドソーシング、クラウドファンディングが発展して新しい社会ができる」
南場さん「インターネットによる便利さはもっと追求できる、今はまだ2合目くらい」
熊谷会長「SF映画の世界が実現していく」
小泉進次郎「規制緩和をどんどん行い、民間に任せていきたい」

といった感じでした(メモってないので正確じゃないかも・・・)。いずれも、過去と現在を照らし合わせた上で、まだまだいけるよね?という余裕が感じられる内容で、皆さん色々考えてんだろうなーという印象です。ただ、10年後どうなるか?ではなく、常に変化のある中で何を選択していくか?その変化に対応する力を持っているか?ということがまずは重要だということも感じました。

 

ちなみに、個人的には以下の2つが浮かびました。

シニア層が当たり前にITを使う


10年前というとちょうど大学入学した頃で、まだまだパケ放題すら普及していない(存在してない?)時期だったかと思います。また、インターネットも今の大学生ほど使いこなせてはおらず、mixiも招待制で、限られた人達が自分の日記やコミュニティサイトを運営していただけでした。

それが今では、小学生がプログラミングを学習し、中学生がWEBサービス立ち上げて起業したりする世の中です。「それはないでしょ」くらいに想像付くことは十分に実現する可能性がかるのではないでしょうか。

ネットを通じた分業化が進み、小さなサービスで起業する人が増える


ラクスルごちクルといったサービスが注目されてます。どちらも遊んでるリソースをWEBの力で有効活用させ、新しい価値を生み出すことに成功しています。右から見れば「IT企業」なんだけど、左から見れば「印刷屋さん」「お弁当屋さん」みたいなところが非常にユニークです。

同様のビジネスモデルは、きっとまだまだ生まれてくるはずです。そうして、何かに特化したWEBサービスで成功する人が細かいレベルで増えてくるんじゃないかなーと思いました。

 

■本題:「Innovation」の日本語訳は?


前置きが長くなりました。。ディスカッションの途中、小泉進次郎さんから次のような質問が飛び出しました。
「Innovationの日本語訳は何でしょうか?単に技術革新ととるのか、それとも別のポイントがあるのか?」

これに対して小泉進次郎さんは「創意工夫」と答えました。うーん、何か表面的すぎるような・・・

 

一方、藤田社長と熊谷会長の答えはこちら。
藤田社長「何かを生み出すことで、何かが要らなくなる」
熊谷会長「創造的破壊」

これです。小泉進次郎さんの言葉に足りなかったのは、この「要らなくなる」「破壊」でした。

「イノベーションが起こる=便利になる」だとすれば、それまで不便だった何かが淘汰されるはずです。「イノベーションが起こる=儲けが増える」だとすれば、従来のものは見向きもされなくなるはずです。ビジネスの世界は弱肉強食。新しい価値を世の中に認めてもらうためには、ライバルとなる製品や企業に打ち克たなくてはいけません。

多くの危機をくぐり抜けてきたお二人にとって自身の経験から見るイノベーションの本質とは、すなわち勝つことと繋がっているのかなと思いました。小泉進次郎さんに「(国は)邪魔するなってことですね」と言わせちゃうところとか、すげぇカッコ良かったです。

g1v

ちなみに今回の動画は、おそらく後日オンラインで配信されると思います。他にもホリエモンの名モデレーターぶりや為末さんの目標設定に関するお話しなど面白かったですし、観覧席に映る人達もそうそうたるメンバーばかりで興奮モノでした。要チェックです!

昨年の2月、「これぞ営業の真理!」というブログ記事に出会いました。それがこちら。

更新しないと思ったでしょ(笑)-ビッグイシュー福岡サポーターズBLOG

まずはじめに、ビッグイシューとはホームレスの方々の自立支援のためにロンドンで生まれた雑誌です。1冊300円のうち160円が販売者の方の収入となり、少しずつ蓄えを増やし社会復帰を目指すという仕組みで、福岡でも天神大丸前や福ビル前でお会いすることが出来ます。

そんなビッグイシューを福岡で販売されているGさんは、毎日ブログを2,3件ずつ更新されていて、その日の販売状況や街角の様子を綴られています。・・・と、偉そうに語っときながら2回しか買ったことがないのですが、ブログは2年間くらい読ませてもらっています。

 

話を戻します。本題の「営業の真理」についてですが、僕がこの記事で感じたポイントは2つです。

①変化に対応すること


路上での販売は状況の変化にいかに対応できるかだと思っています。だって、立っているだけで邪魔だった頃と、歩道のど真ん中に一日中立っても全然邪魔にならない今とは、別の場所で販売している位違う訳なので…。

Gさんの場合は天神のど真ん中という市場があり、その様子は年々変化しています。もっと細かいことを言うと、ホークスが優勝してバーゲンがあったり、寒すぎて人がいなかったり、24時間レベルで人の数や財布の紐のゆるさは全く違うはずです。

その中ではうまくいく日もそうでない日もあるでしょう。ただ、それを「環境のせい」としてしまうのは簡単すぎます。売れる人はどんな状況でも安定して売ることが出来ます。そんな人達に共通しているのは、「変化に対応すること」です。「ここのところスランプで・・・」と感じる時は、一度全体を俯瞰して変化の流れを見極めること、そしてその変化に柔軟に対応することが解決の糸口になると思います。

②アクションなくしては何も生まれない


こうすれば必ず売れるという正解は、はっきり言ってありません。ただ、ひとつだけ言えるのは、いないと売れないと言うことだけです(笑)

当たり前の話ですが、これが難しいことです。「どうせダメだろうから」と言って戦場に立たないことは、傷つくことはありませんが、得るものも何~にもありません。ただ時間だけ無駄にしてしまいます。

路上で300円の雑誌を売るって、相当大変なことだと思います。少なくとも、僕は上手くやれる自信がありません。それを「たぶんダメだろう」でやろうとしないのではなく、「売るには道路に立つことだ」と決心してアクションに変えられるのは、本当に強いことだと思います。

「営業は数の上にこそ成り立つ」と言われる通り、いかに自分がやれることをやりきっているかで勝負は決まるものです。

 

そして、最近さらに新たな「真理」を見せてくれています。それは「続けること」です。

時間のある方は1年分くらい遡ってから読み進めてもらえればと思うのですが、昨年末ごろから一日の売上が比較的安定されてきています。しかも「ただ立っていただけですが・・・」と言いながら55部売られていたり、驚くほどハイパフォーマンスです。

理由はファンの方々がいるからです。リピーターさんやお得意さまが必ず買われているみたいです。詳しくは知らないので勝手なことは言えませんが、きっと雨の日も風の日も天神の真ん中に立ち続け、コツコツと売り続けてきたからこそだと思います。まさに「継続は力なり」です。

 

そんなGさん、今月末で卒業されることが決まり、現在就職活動中とのことです!ほとんど面識ないですが、一方的にずっと見ていたので本当に凄いなーと思います。良い就職先が見つかることをお祈りしてます☆

先月、僕の勤める会社に東京から転職してくれた方が言ってました。

「福岡ってヤル気のある人が多そうな反面、
セミナーの情報がほとんど入ってこないね」

確かに、そうです。

「今、福岡が熱い!」とか耳にすることは意外と珍しくないですが、
それに見合うほどの盛り上がりはないような気がします。

 

もちろん、僕がキャッチ出来ていないだけとも言えますが、
「福岡 ビジネスマン セミナー」とかで検索してみても、
今ひとつピンとくる情報が見つかりません。

それらしいものがあっても、ちょっと専門性が強すぎて、
僕みたいなぺーぺーには少しとっつきにくいことが多い。

もう少しキャッチーな感じで、
20代後半~30代前半のビジネスパーソンが刺激を受けるような、
イベント・セミナーがあればなぁと思います。

昨年開講したグロービス福岡校さんや
トーマツさんのMorning Pitchは結構そんな感じですが、
まだまだ他にも出てきていいんじゃないかと思います。
高島市長が音頭とってやらないかなー。

 

これが東京だったら、サイバーエージェントさんの「SHAKE100」とか、
オフィスが近い会社さん同士の交流会とか、
何だか色々素敵にイイ感じで意識高い系のイベントが日夜行われているはずです。

東京に移住したいとは微塵も思いませんが、
正直この点については羨ましいことが多い。。。
昨年夏のアントレキャンプなんて、その最たる例です。

 

そこで、思い付きました。
まずは「福岡で行われる意識高い系のイベント・セミナー情報プラットフォーム」を作りたい。

載せる情報としては現在行われているもので十分なので、
徹底的にとっつきやすい雰囲気を醸し出して、
とにかく人が集まるようなサイトになることを心がけます。

そうして意識高い系のイベント・セミナーに関心をもつ人々が増えれば(集まるようになれば)、
自然とニーズを満たすようなイベント・セミナーが開催されるようになるはずです。

 

とはいえ仕事も忙しいし、プライベートも今年は超忙しいので、
どこまで実現可能かは分かりません。

もし興味を持って頂けて一緒にやろうという方がいれば、
facebookメッセージでご一報下さい!

以前、「ベンチャーと大企業の経営理念を比べてみた」というのをやって、
なかなか面白かったので第2弾です。

まず初めに「今どきベンチャー」については、
最近注目して拝読中の「81世代の起業家たち」から
独断と偏見でピックアップさせて頂きました。

では、スタートです。

 

株式会社nanapi(代表取締役 古川健介)


rinen_nanapi

nanapi」とはハウツー版クックパッドのようなサービスで、
暮らしの知恵からビジネスノウハウまでを集約したWEBサイトです。

そんなnanapiだからこその「できることをふやす」ですが、
HPにはこんなことが書かれてありました。
人は行動によって人生が変わります。
その行動の選択肢を増やしたり、行動できるようにすることで、
世界をよくしていきたいと考え、この経営理念としています。

実は結構壮大なスケールの事業だからこそ、
これだけシンプルな言葉に集約されたのかなと思います。

 

株式会社ユーザベース(代表取締役共同経営者 梅田優祐)


rinen_uzabase

勝手に訳すると「向こう側まで考えよ」でしょうか。
ちなみに、Think beyond.に続く文章もなかなか格好良いです。
世界中のビジネス情報を整理し、「今」を超えるアイディアを考え創造する人々に、
革新的な知識プラットフォームを提供する。

更にHPでは「7つのルール」という、これまた格好良いメッセージが並ぶのですが、
個人的には、
5.迷ったら挑戦する道を選ぶ
正解のない道を、私たちは歩いている。迷ったら挑戦する道を選ぼう。
挑戦すれば失敗の確率が高くなる。全員で大いに失敗し、検証のPDCAを高速回転させよう。
私たちの世界では、失敗は成功への近道なのだ。
そこから強さが育ってくる。絶え間ない革新が生まれていく。

というのが刺さりました。
全体的にメッセージ性が強くて素敵です。

 

株式会社バーグハンバーグバーグ(代表取締役 シモダテツヤ)


rinen_bhb

イケてるしヤバい男」「インド人完全無視カレー」といった、
非常にユーモアな(フザケている)WEBサイトを作っている会社さんです。

そういう点においては、このユーモアな(フザケている)経営理念は、
会社の大事にしていることを端的に表しているし、
やっぱり仕事をする以上、頑張ることはとても大切なことなので、
とても素晴らしい理念であると思いました。笑

 

ランサーズ株式会社(代表取締役 秋吉陽介)

rinen_lancers

クラウドソーシングの代表的サービスということで、
これ以上ないくらい上手くまとまった経営理念ではないでしょうか。

インターネットによって、新しい情報源、新しいショッピング、
新しい◯◯◯が次々に生まれてきました。

そうして誕生したクラウドソーシングという働き方。
働き方が変われば生き方が変わるはずです。

ただ個人的には、通常の働き方にそこまで不満を持っていません。
今後どのようにサービスを拡大させていくのか注目です。

 

コーチ・ユナイテッド株式会社(代表取締役 有安伸宏)


rinen_cyta

プライベートコーチのマッチングサイト「Cyta.jp」を運営されているのですが、
上記の文章の後にはこんな素敵なメッセージが添えられていました。
時間が経つのを忘れるくらい何かに夢中になっているとき、人はとっても幸せなはずです。
Cyta.jpは、知識や経験が流通するプラットフォームを作ることで
人々の日常に「没頭する時間」を生み出すことに貢献していきます。

昨年9月にクックパッドの子会社となったことで何となくネガティブなイメージがありましたが、
こちらの記事を読んで、事業とその先にある人々や社会の幸せを
何よりも大事にしている会社さんだなーという印象を受けました。

そんな想いが真っ直ぐに込められた理念ではないかと思います。

 

ざっと見渡してみて、感じたことは以下の通りです。

・シンプルイズベスト
・事業の先にいる人々の幸せを願っている
・会社や経営者の方の性格や考え方が表現にあらわれている

経営理念には、その会社さんの願いや野望が込められていますが、
特にベンチャー企業の場合は数人もしくは一人で決めているかと思うので、
大手企業よりもそれらが色濃く現れているような気がします。

普段よく使っているサービスがあれば、
一度会社HPを確認してみるのも面白いのではないでしょうか。

 

最後に、今回「81世代」という括りからピックアップしましたが、
もう一人(一社)、大好きな「81世代」がいます。それは、またの機会に^^

※CommunityFactoryさん、pixivさんは個人的にサービスを理解できていないため、
また、sumallyさんはWEB上で確認ができなかったため割愛させて頂きました。

このページのトップヘ