大型で強い台風26号が東日本に上陸中です。
そんな中、こんなことブログに書くのは忍びないのですが、

台風に心惹かれるのは何故でしょう?

小学校の自由研究で夏休み中に発生した台風について、
新聞から天気図を切り抜いてノートにまとめてました。

ディズニーシーで一番好きなアトラクションはストームライダーです。
あの最後にズボッとくるのがいいですよね。

「地震雷火事オヤジ」のオヤジは「親父」ではなく「大嵐(オオヤマジ)」だとか。
※大嵐(オオヤマジ)・・・突風や台風、嵐のこと
全然関係ないけど、ワンピースのドラゴンは突風を起こせて(?)、ルフィの父親。。。!

そんな地球科学系男子が愛してやまない台風に関する素朴な疑問について、
今日会社で話していたところ、自分がポっと出した案が意外としっくりきたので記録しておきます。

その答えとは、「エネルギーが半端無いから」です。

万有引力の法則ではないですが、エネルギーが半端無いところには、
人や物が自然と吸い寄せられるのではないかと思います。

台風のことでいうと、周りの雲を巻き込みながら、
ぐんぐん北上していく様子を放っとくわけにはいきません。

「今大会の台風の目となるか」というフレーズがあるように、
自らの力で周りを巻き込み、ぐんぐん進撃する様子に、
人々は驚き、関心を寄せ、巻き込まれていくんだと思います。

これはきっと仕事においても同じで、
半端ないエネルギーで周りを巻き込みながら、
ぐんぐん働く人のところに、人も物も金も集まってくるはずです。

まだまだ20代、時には雷を落とされようと、
常にエネルギー全開で頑張ります!